MENU

引越しのお得な時期はどれだけ安いの?

相場より安い費用で引越ししたい!そんなあなたの為にこのサイトでは引越しをするとお得な時期を元引越屋である管理人が詳しく解説します。

 

そもそも引越し業者の見積もりって時期によって、そんなに変わるものなのでしょうか?

 

はい。見積もり額は時期でかなり変動すると思ってもらった方がよいです。お得な時期とそうでない時期では2倍、3倍といった料金差も珍しくありません。

 

お得な時期に引っ越しすれば10万円で済むものを時期が違うだけで20万、30万円も掛かるとしたらぞっとしますよね。

 

私が現場に出ていた時にも、そのような見積もりをたくさん目にしてきました。正直言ってやることは変わらないのに、高い時期に依頼してくれるお客様に申し訳なく思ってしまうほど大きな料金差でした。

お得な時期は具体的にいつなの?

まずお得な時期を知る前にお得でない時期を解説したいと思います。1年で一番引越しの需要が高まり業者も忙しくなるのが3月から4月の繁忙期(シーズン)です。繁忙期はそれ以外の月と比較しても2倍、3倍といった見積もりが普通に提示されます。

 

より詳しく言うと3月後半の3週目くらいから4月上旬に掛けて急速に需要が高まります。3月は全体的に忙しいですが、それでも下旬を上旬から中旬に変更するだけでも、かなりお得な値引き効果があると思います。

 

4月の上旬が忙しいのは3月下旬に依頼できなかった引越しがずれ込んでいるためです。ここもどうせなら4月中旬くらいまで日程をずらすことができれば、大きな値引きを獲得できお得に引っ越しできるでしょう。

 

これ以外の月についてはどの月も似たり寄ったりと言ったところでしょうか。たしかに9月は企業の異動時期にあたり、8月や10月に比べると忙しい傾向にありますが、繁忙期の比ではありません。それよりも月の中のいつにするかの方がお得に引越しするには大切なポイントです。

 

まず上旬から中旬の平日、祝日(金曜日は高い場合有り)です。また引越しでは日柄を重視される方もあり、大安や友引は人気日となる可能性が高いので避けた方がお得に引っ越しできます。

 

引越し業者が忙しくなる日をできるだけ外した日程こそが引越しのお得な時期と言えるのです。

引越し業者との交渉はどうすれば良いの?

お得な時期の条件は分かったけど、具体的に引越し業者との交渉はどうすれば良いのか?ここではまとめてみました。

 

お得に引越しできるのであれば時期調整が可能って方は以下の手順で業者と交渉してみましょう。

 

お得な時期を狙い早めに見積もりを依頼する

いくら引越しでお得な時期に該当する条件であっても、例えば当日であったり2、3日前の急に見積もりを依頼しているようでは、お得な料金は獲得できない可能性が高いです。

 

厳密には「明日仕事が無いからなんとか予定を埋めたい」と思っている引越し業者が激安の見積もりを提示してくれる可能性も無くはないのですが、既に予定が埋まっていて断わられるケースも多いですし、直前だと荷造りもできないと思われ作業遅延の観点から安い値段では引き受けられないと判断されるケースも多いです。

 

通常月なら1ケ月前、繁忙期でも2ケ月から3ケ月前に見積もりを依頼すれば暇な日はトラックの予定がまだ埋まっていない業者も多いので、安い値段でお得に引越しできる可能性が高くなります。

 

お得な時期は引越し業者によって微妙に違う

最近では暇な日狙いで安く引越ししたい人も多いために、お客様でお得な時期だろうと勝手に決めてしまうと意外にその日は引越し業者も忙しかったなんてこともありえます。

 

そうでなくても小さな引越し業者の場合は1件の受注でたちまち予定が埋まってしまうこともあり、暇な日を自分で勝手に決めて見積もり前に会社の有給を取ってしまうのは考え物です。

 

もし、あなたが休みの調整ができる立場であるなら、まずは忙しそうな日で見積もってもらいます。その値段が出たうえで「安い方が良いのでお得な日はいつか」と相談するのが正解です。

 

そういう値段交渉をすれば、引越し業者の営業としても最初の見積もりよりも安い料金を提示する必要が出てきます。

 

複数の引越し業者から料金を聞く

引越し業者を決めるの複数の会社から見積もりを取ることは今や当たり前になっています。値段競争により一昔前と比較しても相場はかなり下がっており、一社しか見積もりを取らない人からはそれらの損失を補てんする為にも高い見積もりを出されないとも限りません。

 

それくらい一社と複数社を呼ぶのとでは見積もり額に大きな開きが出てきます。お客様によっては面倒だったり、一社しか選べないのになんだか悪いなあと思われるかもしれませんが、呼ぶのと呼ばないのとで数万円の開きが出てくるのであれば心を鬼にしてでも複数社から見積もりを取って欲しいです。

 

もし、それでも躊躇するなら活用して欲しいのが一括見積もりサイトです。このサイトを利用すれば、自動的に複数社に見積もりを依頼するので時短にも繋がりますし、引越し業者側としても複数社を呼んでいるとあらかじめ分かっているので話しは早いです。

 

料金の安さだけでなく引越し業者の口コミやランキングで優良な会社探しにも役立つサイトなので、一度見ておいて損はありません。

 

当サイトおすすめの一括見積もり

時期以外のお得に引越しする方法

引越しは時期を変更する以外にもお得にする方法がいくつかあります。お得な時期で見積もりをしてもらったけど、目標とする予算には届かない場合は以下の方法も試してみましょう。

 

荷造りは自分でして余分な費用は掛けない

荷造りや荷物の整理が苦手な人にとって引越し業者の梱包付プランやお任せパックはとても魅力的です。しかし便利な分だけ費用も嵩み自分で荷造りや荷解きをする場合と比べて1.5倍から2倍の料金が掛かります。

 

少しでもお得な安い費用で引越し業者へ依頼したいなら、できることは自分でする覚悟が必要です。

 

ただし、梱包が作業当日まで終わらないようだと最悪の場合には追加料金を取られかねません。自分ができる作業の分量をよく考えてから引越し業者へ依頼するプランを決めましょう。

 

トラックの到着時間により引越し費用は安くなります

引越しの見積もりは同じ日でもトラックの到着時間で変動します。朝一で始める午前便が一番人気で高くなります。午後便を選べば安くなりますが、あなたの現場が半日で終わる場合に限ります。

 

また単身引越しなどの荷物量が少ない場合には一日に何件も回れるために、引越し業者の予定に合わせるフリー便を選べばより安くなりお得です。

 

しかし、引っ越しはトラブルにより作業遅延が頻繁に起こります。1時間程度の遅刻は割と頻繁にあるので、作業が遅くなるのはご近所迷惑だと考えるのなら午後便やフリー便はおすすめできないかもしれません。

 

不用品をできるだけ整理して格安の料金で済まそう

引越し業者に運んでもらう荷物が少なくなれば、それだけ見積もり額は安くなります。運ぼうとしている荷物が本当に新居で必要なものなのか良く考え、不用な物であれは現在のお住まいで廃棄処分しましょう。

 

実際の現場でもここに置いて欲しいといった家具がサイズの関係上収まらないということも良くあります。見た目だけで判断せずメジャーなどを使って正確にサイズを計測したうえで判断しましょう。

 

最小限の費用で引越しをする為にも、要らない物は捨てて荷物をコンパクトにしましょう。

 

大型荷物のみ引越し業者に依頼すれば激安です

引越し費用を激安にしたいのであれば、大型荷物のみを業者へ依頼しダンボールや小物は自分で運ぶという選択肢もあります。

 

ただし小さな荷物と言えども数が多いと運搬するのは大変です。また荷物を落すことで壊したり家屋を傷つけたりすると、大きな労力を払って節約した意味がなくなってしまいます。

 

本当にお得に引越しできるかは、素早く負担もあまりなく運べる男手があるかどうかによっても変わってきます。

 

荷造り用のダンボールを自分で集めて節約する

契約により引越し業者から貰えるダンボールを要らないということで、少しでも安くなる場合があります。引越し業者としても何十枚ものダンボールはそれなりにコストが掛かっているので、表立ってホームページに記載はしていませんが、、値引きに応じてくれる会社はたくさんあると思います。

 

ただし、自分で集めたダンボールが引越しに不向きなものだと、作業が遅くなったり荷物の破損を招いたり、積み重ねができずにトラックに荷物が載らなかったなんてことも起こりかねません。

 

ホームセンターやスーパーでもらえる様々な種類のダンボールを取り混ぜるのはおすすめできません。この場合は引越し経験者からダンボール譲りうけるのが一番失敗が無いお得な方法です。


引越し侍で今すぐ料金を比較